絡繰異聞・前日譚

贄人形09『新しく始める』


 いつものように監視カメラを通して、自分の姿を眺めている。

 一番懸念された、脳の機械への置換が記録的な早さで成功したため、ひとまず存在消滅の危機は過ぎ去ったらしい。だから後は義躯を作って、動かせられれば自分の完成だ。

 天音兄さんが、とても、張り切っていた。強力な無線を云々かんぬん、とか言って。しかも、外見にも手が加えられて、ちょっとこれ、ツクリモノというか、まさに人形のようなというか、とにかく、端整すぎて恥ずかしいレベルの美人に仕上がっている、気がする。

「天音にぃって、とにかくキレイなものが好きだよな。毎回毎回、どうしてこんなに美化しようとするのか」

 璃音兄さんもそう言って首を傾げていたから、今に始まった話でもないようだけれど。なるほど、兄さんたちの顔立ちが整っている訳だと感心した。

 天音兄さんは繊細な芸術家なのだろう。きっと。

 もう家族みたいなものだよね、と天音兄さんが言って、璃音兄さんも肯定していたから、末っ子としては精一杯の敬意と親しみを込めるべく、兄さんと呼ばせてもらうことにした。詩音については、お姉さんと呼ばれるのが嫌だったみたいなので、そのままの呼び方を続けている。

 兄さんたちに詩音の存在について伝えたら、予想通り、もしかしたらそれ以上に動揺していた。生死不明の状態だったそうで、生きているのは嬉しいけれど、簡単に逢いに行けそうにないのが辛いとのこと。

 実は、本格的に新しい義躯を得るまでに、改めて自分なりの話し方を模索しようと思っている。作られかけの自分を見ながらどんな口調が似合いそうかなと考えるのは楽しいし、今までの有楽部光希を真似した喋り方からは卒業したいと思って。