絡繰異聞・前日譚

贄人形04『受け入れられない』


 嗚呼、何故、廃棄する前に処分してくれなかったのだろう。人形は、中途半端な自我に目覚めてしまった。

 今になって、改めて処分されたのだと、そしてもう、命が潰えかけているのだと、知ってなお、受け入れられないのだと、かつての自分では、考えられなかっただろう。

 祝ってもらったのが嬉しかったから、お礼をしたいと思っただけだったのに。天音ほど器用ではないけれど、おそろいの何か、何か身につけられるものを作ろうとして材料を買いに行っただけなのに。

 今まで食料品など買いに行っていたときは何もされなかったのに、どうして、こんなときに限って。

 やはり雨の降る中、今度は終わりを覚悟できなくて。棄てられても表情の動かなかったあのときと、処分されてぐしゃぐしゃに泣いている今と、どちらの方が酷い顔なのか。

 もう、身体は瞼くらいしか動かない。耳にはサラサラと、静かな雨音が反響するのみ。雨と涙で滲みに滲んだ目の前に、不意に映った瑠璃の色、璃音の色。

「奏音!」

 璃音の声が、静かな世界にこだまする。

「帰りが遅いと思ったら……大丈夫、ではなさそうだな。分かるか、奏音?」

 もう首は動かなかったから、一回ゆっくりと瞬きをした。ほんの少し明瞭さを取り戻した視界には思った通りの赤い瞳があって、何故だか余計に泣けてきた。

「誰がこんな非道いことを。いや、それよりも今は、帰って奏音の手当だな」

 慰めというか、本当に、気休めなのだろうと思った。念入りに処分された身体は、恐らくもう長くはないだろうと、自分でも感じ取っている。今、まだ生きていることが、きっと奇跡的なのだ。

 ぐらりと、身体が傾いだ。璃音に抱え上げられたのだと、目線の高さから知る。

「すまない、奏音。急ぐからな。辛いところに、無理をさせる」

 バサリ、何かが宙を打つ音がした。周りの光景が一気に動き出す。

 下へ、下へ。下、へ?

 身体にかかる力もまた、自分が上へ向かっていることを示している。

 まさか、そんな。空を、飛んで?

 気を失う前に見たものは、灰色の空を切り裂く鮮やかな瑠璃色の翼だった。