絡繰異聞・前日譚

贄人形02『人形の生い立ち』


 ……こういうのを、走馬灯とか言うのだったか。思い返すのにもあまり時間のかからない、短くて取るに足らない人生だった。

 古くからの名門と名高き有楽部家の長子として生まれながら、双子の弟、光希の為だけに生かされていた。光希の為だけ、とは言うものの、光希本人は自分のことなど知らないだろう。あの家では、自分の存在など所詮そんなものだった。

 因みに光希とは一卵性双生児の関係だが、自分については男性らしさはほぼない。何が理由かというと、遺伝子疾患の、アンドロゲン不応症である。大雑把に説明するなれば、男性型の遺伝子を持ちながら女性の外観で生まれる病気で、妊娠・出産は不可能。

 血を次代に残すため、つまり跡継ぎが必要という理由で、光希は胎児の段階から遺伝子治療を受け、男性として生まれた。しかし、遺伝子操作など、未認可の闇治療。いざという時の中継ぎ候補として、未治療で生まれたのが自分だった。

 出来損ないの身としては、いざという時の影武者の役をいただけるだけでも、身に余る光栄。そんな風に言われ続けてきたし、自分が役に立てるのはそれくらいなのだと、その頃は本気で信じていた。

 行動は全て、周囲の世話係たちの指示か、或いは光希の言いそうなこと、やりそうなことを基準に決められた。自分の意思は不要というか、いっそ邪魔で。物心つく頃には疑問の芽は摘まれていたから、きっとその前から教育は始まっていたのだろう。

 出来損ないが人間であるはずもなく、道具は人間に使われるのが当たり前。勿論、道具は人間ではないから、用済みになれば廃棄されるのも、また然り。

 光希の身体が安定し、無事に男性として成長し始めたから。

 出来損ないの人形は、あっさりと廃棄された。

 それでも直ぐさま処分されなかったのは、きっと奇跡。道具を手入れしていた世話係たちの、多分ちょっとした意趣返し。

 貧民街の一角を占める違法廃棄場に置き去りにされ、降りしきる雨の中、いよいよ終わりを覚悟していた。

 ところがそこに、最大のイレギュラーが現れて。

 廃棄物は、拾われた。