絡繰異聞・本編

44『かくて地固まる』道化師たち


 次の沈黙を破ったのは、天音の笑い声だった。

「風薫って名前だっけ、キミもなかなか言うねぇ。そんなコテンパンにされた璃音はボク、初めて見るかも!」

 でもね、と続ける天音の表情は面白がっているようで、瞳は全く笑っていなかった。

「そろそろ許したげて欲しいかなぁ。璃音はボクのモノなんだから、勝手に他人に触らせたくないんだよ。璃音だって、ボク以外に弄られて欲しくないって言ってたしね」

「それはメンテナンスの話であってだな、天音にぃ」

 思わず頭を抱える璃音を完全に無視して、天音はニヤニヤと口角だけを引き上げる。

「そこまで言うからには、風薫はこの哀れな璃音の為に詩音を助けるつもりでいるのかな?」

「ええ、勿論」

 間髪入れずに答える風薫もまた、一見とても爽やかな、けれどとても喰えたものではない笑顔である。

「違法生体コンピューターなんて許されることではないわ、違うかしら?」

「して、その本音は?」

「こんな面白そうな話に乗らないなんて有り得ないわ」

 すっと入った突っ込みに、にこやかに言い切ってから、あら、と風薫は輝夜を振り返った。

「輝夜お姉さま。絶妙なタイミングで合いの手を入れてくるの、止めてくださらない?」

 輝夜はこめかみを押さえた。

「私はお前の姉ではないのだがな」

 張り詰めていた空気は緩み、固唾を呑んで事の成り行きを見守っていた聖也は再び画面に向かった。

「そっか、面白そうなら仕方ないね!」

 何にどう納得したのか、天音はそれだけを言うと、聖也のフォローを再開した。残された璃音は深く深く、嘆息する。その肩を、労うように真理亜が叩いた。

「風薫さんはああ言いますが、情報屋としての腕は優秀ですから役に立つでしょう。何より、社長も奏音さんから話を伺って、詩音さんがザイオンサーバーであることを承知の上で介入することを決めています。迷惑だと思うなら、その時点で断っていますよ」

「真理亜の言うとおりだ。日頃から遠慮しかしない奏音のたっての願いだったしな。頼れる間は頼ってくれると、こちらとしてもとても嬉しい」

 璃音は泣き笑いのような表情を浮かべた。

「まさか、表の人間が態々巻き込まれに来るとは思ってもみなかった」