絡繰異聞・本編

09『かくて奏音は拒絶する』輝夜の憂鬱


 奏音にとって幸いだったのは、システムダウンしていたのが自分の意識だけだったことだろう。人間偽装プラグラムが呼吸や脈、体温などの存在を演出し続け、その数値が落ち着いていたことから、ひとまず輝夜の屋敷の客間に寝かされている。

 しかし、奏音の精神を動かしているプログラムが一番複雑である故に、再起動には少しばかりの時間がかかった。具体的には拾われてから二日、昏々と眠り続けた。

「眠り姫はまだ起きないんですかね」

「今朝の段階では、まだだったよ」

 三日目の夕方、社長室で真理亜と共に業務をこなす輝夜の目の下には、うっすらと隈が浮いている。ショッピングモール半壊事件の後始末だけでも忙しいのに、帰宅すれば身元不明の爆弾少女の世話も待っていた。現時点で輝夜以外安全に触れることのできない少女の世話は、当然輝夜にしかできない。

「次は……うーん、流石にこれは想定外だったな」

 手元の報告書に目を通し、唸る。その報告書は自社の諜報部がまとめあげた、今回の件についての資料だったのだが。

「詳細情報なし。犯人も、眠り姫の身元もか」

 犯人はともかく、有楽部光希に似た少女の身元くらいは判るかと思っていた。しかし、有楽部家に動きはなし。検索できる範囲での、顔写真の一致情報もなし。

「アンジェなら、犯人を知ってますかね」

 事件とほぼ同時にネットで警告を上げた彼の者であれば、犯人にも心当たりがあるのではないかと真理亜は言う。

「接触を試みているが、返事なしとのことだ」

「なるほど」

 当のアンジェ、すなわち奏音の意識が戻っていないのだから、当然といえば当然の結果である。

 そんな折、社長室の電話が鳴った。電話に出た輝夜の表情が、見る見るうちに険しくなっていく。

「わかった。直ぐに帰る」

 最終的にそう言って、輝夜は電話を切った。

「社長、何かありましたか」

「眠り姫が目を覚ましたらしい」