絡繰異聞・本編

51『かくて月夜に騒ぎを起こす』耀夜は後悔していない


 それでも納得しかねる様子の真理亜に対し、それに、と一息置いてから告げる耀夜は、笑顔だった。

「本当に駄目だと思ったら、真理亜ならもっと早くから全力で止めてくれるだろう? だから構わないのさ。真理亜は今、本当に私が後悔していないか確認したかっただけだし、私は後悔していない」

 虚を突かれた真理亜は、くつくつと笑う耀夜の笑い声で我に返った。

「社長、お戯れが過ぎますよ」

「すまない。真理亜のそんな顔は、滅多に見ないから」

 二人が視線を戻した先の画面では、必死の形相で璃音を追う警備員の姿が映っている。もし、詩音を捕らえている組織が天音の考えている通りだとすると、絶対璃音には反応する、と事前に聞いてはいたが、まさか本当に食らい付いてくるとは。

 因みに風薫が陽動に参加するのは、詩音の救出が相手に気付かれた後の予定だ。詩音に見た目はそっくりな風薫が逃げ惑えば、追っ手も攪乱されるだろう、という作戦である。同じく楽しいこと好きな天音が陽動に参加しなかったのは、幸崎博士が対外的には故人であることにも加え、施設内の鍵の解錠作業には天音の特殊能力、器用すぎる指先が必須だったからに他ならない。

 その天音を含む救出班もちょうど、詩音の囚われている部屋の前まで到着したようだった。

「どちらも順調なようだな」

「そうですね。ここからが勝負です」

 耀夜が再び笑い、真理亜は怪訝な顔をした。

「私に散々注意しておいて、真理亜だって十分入れ込んでいるじゃないか」

「そ、それは」

 そっぽを向く真理亜の耳は赤く染まっており、ますます耀夜は笑った。ひとしきり笑った後、挑戦的な目付きでモニター群を見詰める。

「その通り、ここからが正念場だ」

 詩音の囚われている部屋の扉となると、今までで一番セキュリティシステムが厚く配置されているだろう。また、それを突破したとして、救出された詩音の状態次第で脱出の難易度が大幅に変わる。本人が歩ければ良いが、恐らくそれは望めない。最悪の場合、医療用培養槽ごと持ち出す必要があるかもしれなかった。

「うまくいくと良いが」

 先程と全く同じ言葉を呟く耀夜。

「きっと大丈夫ですよ」

 真理亜もまた、同じように言葉を返した。