絡繰異聞・本編

19『かくて綻び始める』耀夜の懸念


 アンジェ、というハンドルネームとその後の告白が衝撃的すぎたため、何故扉を施錠したのかといった問題が吹き飛んでしまったと輝夜が気付いたのは、白華の部屋を去ってからだった。

「アンジェ、があんなお嬢ちゃんだったなんて、ビックリっすね」

 聖也などはまだ驚き覚めやらぬ様子だ。

「そんなにアンジェは有名か?」

「有名なアンジェもいるっす。今回のようにテロの情報を提供してくれるアンジェは、偶にテロが起こるよりも早く警告をくれることもあったんで」

「他に有名なアンジェはいるか」

「勿論」

 聖也はあっさりと答えた。

「ハンドメイド作家のアンジェも、ハッカーの間では有名っすよ。ザイオンサーバーに個人サイトを置くって、どんな裏技を使ったのかって、電脳七不思議の一つっす。そっちなら、あのお嬢ちゃんでも違和感ないっすけど」

「ふむ」

 ふと、何かが引っかかったような微かな違和感があり、輝夜は顎に手を添えた。

「白華は何故、そんなとんでもない情報から私たちに明かした?」

「社長さん?」

「聖也。少し、無茶を頼んでも良いか」

 昏い瞳の輝夜に気圧されるように、聖也が頷く。

「セキュリティシステムの監視を強化してくれ。ここで白華を見逃したら、大変なことになる気がする」

「大変なこと、っすか」

「ここで手を離してしまったら、あの子は二度と、私たちの前に姿を現さないような気がしてな」

 かつて他人に頼れず、人間不信になりかけた輝夜の勘が、白華は危ういと訴えかけてくる。重大な情報を明かしたのは、試されているのか、もう二度と関わらない代わりの置き土産のつもりなのか。

 いずれにせよ、かつての己を彷彿とさせる白華を放っておけない輝夜は、白華を直接監視するのも難しいため、聖也を頼ることにした。