絡繰異聞・本編

40『かくて歯車は集う』禁忌の産物


 そして沈痛な面持ちの奏音は、室内の誰もが抱いた不穏な予感を裏切ることもできず、告げた。

「それが、詩音です」

 一拍おいて、先ずは風薫が反応する。

「まさか、生体コンピューター!?」

「ええっ、違法じゃないっすか!」

 風薫と聖也は、コンピューター関連のことについて詳しいだけに、より一層奏音の話が信じがたいものだと理解した。

 生体コンピューターについての研究は数あれど、全て粘菌や、培養された細胞を使用していることになっている。人間そのものを使うのは倫理的にも法的にもこの上なく忌避されるべきことであり、よもやその実例が、しかもこれほど社会に食い込む形で堂々と存在していたことに、驚きを禁じ得ない。

「ザイオンサーバーが絡繰師に注目するのは、そこに兄の璃音兄さんがいるから。私に場所をくれたのは、彼女自身が私の作品を気に入ってくれたからです」

 輝夜は思わず眉間に寄った皺を指で押し伸ばした。

「確かに大層な仕事だ。それでも奏音は、詩音を救い出したいと思っているわけだな?」

「はい。詩音は、捕まったのは仕方のないこと、って言いますけれど、璃音兄さんの姿をずっと追っていますし、私がいないと意識も保てないという状態でちゃんと扱ってもらっているとも思えません。天音兄さんも、詩音が浚われたのはご自身の所為だと常々気にされていて、だから奪還したいって言っていました」

 なるほど、その行方が厳重に隠され、軽々しく迎えに行けないと言われるわけである。禁忌ともいうべき、人間を使用した生体コンピューターで、難攻不落のネットサーバーとして大活躍しているともなれば。

 やっと奏音が心を開いてくれたかと思えば、飛び出すのは超級の爆弾ばかり。その願いに加担すべきか、輝夜は一瞬悩んだ。悩んだのは一瞬だった。

「よし、わかった。何とか手を打てないか、考えてみよう」

 間髪入れずに風薫も参加を表明する。

「あ、それなら私も手を貸すわ。奪還作戦面白そうだし、違法生体コンピューターなんて、あっちゃいけないわよ」

「詩音ちゃん可哀想っす! 助けられるなら、俺も手伝いますよ」

 聖也も意気込んでおり、真理亜が嘆息した。

「反対するだけ、野暮というものでしょう。社長がお決めになったことなら、私はそれに従うまでです」