絡繰異聞・本編

53『かくて月夜に騒ぎを起こす』憐れなる施設警備員


「ふっふっふ、いよいよ私の出番ね!」

 詩音の奪還成功を告げる通信から三十分後、警備員の動きが慌ただしくなったのを見て取った風薫はにんまりと笑った。

 璃音を追っていた一団から、三分の二ほどが施設内に引き返そうとしている。その視線の先に飛び出した風薫は、警備員など眼中にないかのように、大輪の花が咲いたかのような満面の笑顔で璃音に両腕を伸ばし、飛びついた。

「お兄さま!」

 気分は名女優である。抱きつかれた璃音の表情が盛大に引きつっていることについては、気にしてはいけないのだ。

 風薫の演技に内心で鳥肌を立てつつも、璃音は風薫を抱え上げ、再度夜空に飛び立つ。先程までは警備員に追われて施設に入りあぐねる真似をしていれば良かったが、今からは警備員を付かず離れずの距離で引き回さないといけない。詩音が無事に逃げ果せるまでは風薫と共に逃げあぐね、警備員を詩音から遠ざけるのが璃音の今の役割だ。

 幸いにも、風薫を抱えているため、飛行速度を落としても警備員に不審には思われにくいだろう。先だっての魔改造のおかげで人間を一人抱えたくらいでは飛行に全く影響はないのだが、組織側にそれを知る術はない、筈だ。幸崎天音博士亡き状態で璃音が未だに健在なことすら、恐らくは予想外。数少ない絡繰子の安定サンプルとして捕獲しようとしているのが、通信から筒抜けだった。

 まさか天音が自らを絡繰子に改造して存在しており、更にハッキング特化の奏音までいるとは、思いも寄らないだろう。加えて龍神警備会社や風薫の存在など、逆立ちしたとしても思い浮かべられまい。

 腕の中に振動を感じ、璃音は風薫を抱く腕に力を込めた。

「寒くはないか?」

 詩音の服装に似せた都合で、風薫は薄着だ。流石に今の状況では、璃音の服を風薫に分けるという真似はできそうにない。

「少し、寒いわ。でもね」

 風薫は璃音の肩に顔を伏せる。

「それ以上に、アイツ等の顔が面白くて」

 要するに笑いを堪えているのだと知り、璃音は呆れ返った。