絡繰異聞・本編

10『かくて奏音は拒絶する』引き出された譲歩


 輝夜が屋敷の扉を開けた瞬間、使用人たちは揃って安堵の表情を浮かべた。

「彼女は」

「せめて汚れを落としてお着替えだけでも、と伝えたところ酷く怯えまして、今も部屋で抵抗しております」

 客間に近付けば近付くだけ、オロオロとした様子の使用人が増えていく。やがて、奏音の抵抗する声まで聞こえてきた。

「で、ですからっ、もう帰りたいのです! ちっ、近付かないでくださいぃ!! いやぁっ!! 来ないで!」

 開いていた扉からずかずかと入り込むと、新たな登場人物に驚いた様子の奏音が、更に後ずさろうとして、壁にますます張り付いた。

「ひぅっ」

 悲鳴を上げ、けれどそのまま震えることもできずに固まってしまう様は、やはり日常的に何かしらの虐待を受けていたであろう痕跡か。

 涙に濡れた目を大きく見開いたまま屋敷の主人の沙汰を待つ奏音の姿は、輝夜が最低限拭いた顔や手足を除き、ドロドロのボロボロである。とても外を出歩ける格好ではない。

 輝夜は、はあっ、と大きく息を吐いた。ベッドから薄い掛け布団を引っぺがし、奏音に投げつける。

「わぷっ!?」

「隠したいところがあるなら、とっとと隠せ」

 掛け布団から顔を出した奏音は、一瞬ぽかんと瞬きし、慌ててそれにくるまった。まるで蓑虫のようになった少女を、輝夜は遠慮なく部屋から引きずり出そうとした。途中で抱き上げたのは、奏音の足腰が未だに安定しないことに気付いたからだ。

 勿論、向かう先は玄関ではない。浴室だ。

「馬鹿か、お前。その格好で出歩いてみろ、直ぐに通報されるに決まっているだろうが」

 カタカタと震える奏音がますます身を強張らせたので、声音を少し和らげる。

「本当なら入浴には介助を付けたいところだが、嫌なんだろう? 誰も入れないようにするから、せめて汚れを落とせ」

 少しの沈黙。奏音がそっと頷いたので、輝夜も密かに安堵の息を吐いた。