絡繰異聞・本編

30『かくて暴かれるのは』幽霊の追手


「面白いことに首を突っ込んでいるわね」

 挨拶もそこそこに笑顔で言う、長い白髪に紅い瞳の女性。情報屋、風薫は、極端に色素の薄い少女だった。

「あー、まあ、そうっすね」

 対する聖也の歯切れは悪い。風薫に応援を頼んだ後に、事態は大きく動いてしまった。今となっては、外部から来た情報屋の存在は、情報漏洩のリスクすら孕んでいる。

「アンタんとこの会社が事件に飛び込んでいくのは、まあいつものことだけど。今回は大当たりだったみたいよ?」

 何せ、絡繰師の匂いがするからね。にっこりと笑顔で告げる彼女は、果たして何処まで今回の真相に近付いているのか。

「やっぱり、絡繰師っぽいっすかー」

「だって、あまりに犯人の情報が消されすぎているもの。絡繰師お抱えの幽霊でもなきゃ、そんな強引な真似はできないわ。そして、アンタんとこの社長さんが拾ったっていう女の子が、怪しさ抜群だと私は思う訳。あの子は絶対、幽霊と知り合いよ」

 幽霊と称される絡繰師の三人目。知り合いどころか当人でしたと喉元まで出掛かったのを呑み込み、聖也は首を傾げて見せた。

「そんなにアンジェの嬢ちゃんは情報が無かったっすか。風薫ちゃんのツテを持ってしても?」

「ええ。貰った写真から検索しても有楽部光希にしか行き着かないけど、アイツはそもそも男だし。アンジェなんて割とありがちなハンドルネーム、中の人を絞ろうとしても余計に謎が深まったわ。特にハンドメイド作家のアンジェと情報屋のアンジェ。私から見たら幽霊一味と大差無しよ」

 おお、大正解。と、口に出せず、内心で拍手する聖也。

「ふふ、考えれば考えるだけ、調べれば調べるだけ迷宮入りするこの件は、私にとってもすごく興味深いの。せっかく幽霊の尻尾が掴めるのなら、私は悪魔にだって喧嘩を売ってやるわ。だからね、聖也」

 アンジェの使っていた客間に案内してくれるわよね。

 風薫の言葉は、最早要請だった。ついでとばかりに、そっと聖也に突きつけられた無機質な輝きのことも併せれば、立派な脅迫とも言えた。

「何つう物騒なもんを持ってきてるんっすか」

「あら、レディの鞄の中身を詮索するのは、紳士的ではなくてよ?」

「俺、別に紳士じゃないんすけどねー」

 姉の真理亜を見習って少しは鍛えておけば良かったかと思っても、聖也にとっては後の祭り。

 大げさに嘆息すると、聖也は風薫を連れ、白華にあてがっていた部屋へと向かった。