絡繰異聞・本編

26『かくて暴かれるのは』奏音の翻心


 人が部屋に駆け付ける足音を背に、奏音は意識して口角を吊り上げた。けれど、璃音の表情は悲しそうなまま。

 それもその筈、奏音がにっこり穏やかに笑っているように見えるのは口元だけ。爛々と輝く目が、全てを裏切っている。

「何を、何故。気に掛ける、必要が?」

 一語一語、奏音は必死で絞り出す。

「嫌なんです。もう、限界なんですよ。私は、構われたくないのに」

 感情が昂ぶり、震え声ながらも音量は上がっていく。だから、その次の叫びは、部屋の外まで届いた。

「人間と関わったって、ロクな事がないのに!」

 白華を問い詰めるつもりで最初に部屋に辿り着いた真理亜が、扉の外で眉間に皺を寄せた。

 人間と関わっても、ロクなことがない。終始怯えた様子だった白華なら、言いかねない言葉だ。真理亜も白華を警戒していたが、それ以上に白華は周囲全てを警戒していた。そう、今到着した、輝夜のことまで?

 到着したばかりの輝夜は、白華の叫びも聞こえておらず、真理亜の険しい表情まで気付くことなく、両拳で扉を叩く。

「無事か!? 白華!」

 部屋の中で、奏音はその目を大きく見開いた。

「嘘、でしょう? 輝夜、さま」

 混乱する奏音に、璃音が静かに問い掛けた。

「もう一度聞くぞ。本当に、良いのか? 彼女も、奏音の為に来たのだろう?」

「でも……っ! 彼女は人間です!!」

 扉を隔てた先の主従には、白華の叫びが途切れ途切れに届くだけだ。悲鳴にも似た、血を吐くような悲痛な叫びに混じる心の揺らぎに、その内容も相まって、輝夜も困惑した。

 部屋の外の様子まで気も回せず、今はただ震えるばかりの奏音に、璃音は容赦なく言葉の刃を突きつけた。

「我々は?」

 はっとして息を呑む奏音の目に迷いの色が生じ、揺れる。くしゃりと表情が崩れ、泣きそうな顔で、璃音に告げた。

「璃音兄さん、ごめんなさい」

「こっちのことは、気にしなくていい。残るんだな?」

「ええ。もう少しだけ。あの方にだけは、恩を、返したいです」

 璃音は温かく笑うと、奏音の頭を撫でた。

「たまにはワガママを言ってもらわないと困る。部品を取ってきてやろう。その状態で動いて、辛くない筈がない」

 何も持たずに飛び立つ璃音を見送る奏音の背後で、その制御下から解放された扉が開いた。