絡繰異聞・本編

38『かくて歯車は集う』天音の迎え


 再度警戒度を上げた奏音に、風薫は切り込んだ。

「シオンって、誰」

 奏音は咄嗟に璃音の様子を確認した。まだ輝夜と話し込んでおり、風薫の問いは聞かれなかったようだ。

「ご自身で調べれば如何でしょうか。情報屋なのでしょう?」

「だから、知ってそうな人に聞き込みしてるじゃない」

 奏音は憮然として反発した。

「私が、貴女に、詩音のことを話す? 冗談も程々にしてくださいな」

 しかし、風薫も諦めずに食い下がる。

「でも、知り合いなのよね? 私と見た目が似ていて、よく分からないけどアナタと経由しないと届かないっていうのは聞いたわ。それなら、アナタに話を聞くのは、当然のことじゃなくて?」

「詩音の話か?」

 輝夜との相談が終わったのか、璃音が口を出したので、風薫はここぞとばかりに璃音にも同じ問いを投げかけた。

「そうよ。シオンって誰なの? って聞いてたのよ」

「行方不明の妹だ」

 さらりと璃音は答え、風薫が与えられた情報を吟味している間に奏音に告げる。

「奏音、天音にぃを迎えに行ってくる。この際だから、天音にぃの思考プログラムも聖也に見てもらおう。別視点なら、もしかしたらバグの原因が判るかもしれないし」

「わかりました。お気を付けて」

 璃音が飛び去るのを見送りながら、奏音はそっと隣に立つ輝夜の服の裾を握りしめた。

「どうした?」

 柔らかな表情で訊ねてくる輝夜に、奏音の心が揺れる。そう、もし輝夜に、詩音の事情を話したら。けれどもそれは、輝夜をますます巻き込むということだ。

 散々、絡繰師の事情に巻き込んでおいて今更な話ではあるが、詩音のことは更に解決が難しい。ああ、それでも。

 本来なら、詩音と璃音の承諾を得て話すべき事柄。解っていても。

「輝夜さまなら、救い出してくれるのでしょうか」

 縋ってしまいたい。その思いが、奏音の口を軽くした。