絡繰異聞・本編

45『かくて機械屋の本領発揮』大改造


 全ての修理とメンテナンスが終わって奏音が目を覚ましたとき、作業開始から既に三ヶ月経っていたこともあり、絡繰師の存在はすっかり龍神警備会社の中に溶け込んでいた。ついでに、何故かちゃっかりと、情報屋、風薫の存在も。

「大丈夫っすか。違和感は?」

「えーっ、そんなの大丈夫に決まってるでしょ! ね、奏音?」

 心配そうに訊ねるのは聖也で、本人が口を開く前に答えたのが天音である。奏音は自身に診断プログラムを走らせ、特に異常の無いことを告げた。室内がわっと沸く。

「だいぶ丁寧にしていただいたんですね」

 季節が変わるほどの時間眠っていたことを読み取り、奏音が首を傾げると、龍神警備会社の面々と璃音は苦笑し、天音は明後日の方向を向いて下手な口笛を吹き始めた。明らかに、何か怪しいことが起こったような雰囲気である。

「まあ、我々は本業もあったからな」

 耀夜が言うことも一理ある。しかし、天音の態度が全てを裏切っている。

 じっと奏音に見詰められ、天音は早々に降参した。

「いや、ちょーっと改造しただけじゃん?」

「あれを少しと言うのか」

 呆れたように璃音がぼそりと突っ込むのが、奏音には聞こえてしまった。これにはもう、嫌な予感しかしない。

 改めて、今度はじっくりと自己診断を開始して刹那、以前は数秒かかっていたことが刹那で終わってしまったことに奏音は思わず目を瞬かせた。しかも、体内の部品の殆どが変更されている。おまけに以前はさほど使用していなかった筈のナノマシンが、量も種類も大量増殖している。

 断じて、ちょっとした改造どころではない。大改造である。大量に増やされた新機能を把握するのは一瞬だったとしても、意識に馴染ませるのには少々時間を要しそうな、そんなレベルである。

「因みにボクも同じくらい改造しておいて欲しいなって思いまっす!」

 脳天気に言う天音に、流石に奏音は悲鳴を上げた。

「ちょっと、天音兄さん、何考えてるんですか!?」