絡繰異聞・本編

28『かくて暴かれるのは』唯一の例外


 セキュリティシステムの復活を確認した聖也が合流し、いつぞやの昼間と同じ面子が集うのは、所移して輝夜の書斎である。

 机の上に散らばった書類を集め、軽く整えた部屋の主がちらりと横目で聖也がコンピューターに向かうのを見て、否定するように首を振る。その方法で記録しても、白華ならば記録の改竄、消去ができてしまう。

 察した聖也が絶望の表情を浮かべた。手書きでの書記なんて、手が酷使される未来しか見えない。

「さて、白華。それとも、アンジェと呼んだ方が良いか」

 諦観したような、覚悟を決めたような、不思議に凪いだ顔の白華は、その雰囲気のままふわりと笑った。

「輝夜さまの、思われるがままにどうぞ」

 思わずこめかみに手をやりそうになった輝夜の背後で、真理亜、聖也が顔を見合わせる。今までと異なりすぎる態度に、尋問を行う予定のこちら側が翻弄されそうだ。

 この調子なら、直球で聞きたいことも聞けるのでは、と思いつつも、輝夜は念のために少し回りくどい質問から始めることにした。

「では、白華。お前、あのザイオンサーバーで雑貨店を持っているアンジェと、同一人物だな」

「ええ。それは、紛れもなく、私ですね」

「個人には開放されていない筈の謎多きザイオンサーバー。そこでの唯一の例外として、一度は駆け出しハッカーたちの話題になるそうだが」

 道理でよくサイトに侵入者が来るわけだと内心こぼしつつ、白華は困ったような曖昧な笑顔で返す。

「そうなんですか? 一応、きちんと頂いた場所なんですけどね」

「それは、お前が絡繰師であることと、関係があるのか?」

 白華の部屋での出来事を知らない聖也が驚きのあまりに口を開閉する様子に視線を向け、再度輝夜を見た白華は、改めて姿勢を正した。

 白華としては、人間の中でも輝夜にだけは、なるべく嘘は言うまいと思っている。が、一方で、絡繰師の残りの二人、璃音に天音の方の立場や秘密を護る方が、遙かに優先順位が高い。自己で責任のとれる範囲内であれば何でも話して良いと思っているが、あくまでもそれは、身内に迷惑を掛けない範囲内のことだけだ。

 話を戻して、ザイオンサーバーのことである。実はこの質問も、なかなかに答え難いものだった。