絡繰異聞・本編

24『かくて都市伝説は現れる』仮説は暴走した


 輝夜は白華の部屋へ、走る。その頭の中で加速度的に、連鎖していく恐ろしい推測。

 そう、それはただの仮説。

 馬鹿馬鹿しい都市伝説が、本当に実在していたのであれば?

 絡繰師。表舞台に姿を現さない、騒動の仕掛け人たち。一人は騒動の火付け人、一人は夜空に紛れる暗躍者。それぞれに異能力を持つと噂される彼等の実在は、この高度情報化社会に置いても未だに明らかにはなっていない。

 しかし、仮に絡繰師が実在しており、実際に幾つもの事件を起こしていたとしよう。それらの事件を事前に察知し、場合によっては未然に防ぐ白華の存在は、彼等の目にどう映るだろう?

 騒動の火付け人としては、きっと面白くはないだろう。

 昼間に聖也に制御を取り返されたにもかかわらず、再度屋敷のセキュリティシステムに手を出した白華。特に上空を意識して制御しているような、その動き。

 彼女は、上空で何かが起こることを予測していたに違いない。そう、今まさに報告されているような、上空からの襲来を。

 夜空に紛れる、暗躍者。それが、言葉通りの意味を持っていたとしたら?

 危険だ。白華の身が、非常に危険だ。

 そして、そこまで考えた時点で輝夜は飛び出した。続きを頭に思い浮かべることもなく。

 そう、絡繰師の都市伝説は、曰く表舞台に姿を現さない騒動の仕掛け人たち。それぞれに、異能力を持つという。

 一人は騒動の火付け人、一人は夜空に紛れる暗躍者。

 一人は、実在すら定かではない。

 実在すら定かではない、三人目の存在を輝夜が思い出していたとしたら。或いは、白華が迎えを呼んだ末のこの騒ぎであると、事前に判っていたならば。

 この物語の行く末は、大幅に変わっていたのかもしれない。

 だが所詮全ては、仮定と仮説に基づいた憶測であり、もしもの話である。輝夜は白華のみを案じて飛び出した、それが結果であるのだから。