絡繰異聞・本編

17『かくて綻び始める』アンジェの告白


 輝夜の目の前で、見事に縮こまっている白華。一応、悪いことをしたという自覚はあるらしい。視線はきょときょとと揺れ、全く落ち着きがなかった。

 背後に真理亜と聖也を連れた輝夜が大きく息を吐くと、びくりと肩を震わせる。白華はぎゅっと手を握り、輝夜の言葉を待った。

「それで、白華。そろそろ話を聞かせてもらっても良いんじゃないかと、私は思うんだが」

「社長の言うことは甘いですけれどね。私としては、これだけ譲歩してもらってのその態度は有り得ないと思っていますよ」

 真理亜の追い打ちに、白華は余計に表情を強張らせる。

「真理亜」

 輝夜がたしなめたが、どうやら白華は警戒心を煽られてしまったらしく、硬い表情で口を引き結んでいる。

「何も取って食おうって訳じゃないんだ。そうだな、だから、先ずは名前を聞かせてくれないか」

 どうやって扉を閉めたのだとか、扉を閉めてどうしたかったのだとか、その辺りを訊かれるだろうと思っていた白華は少し意外な面持ちで瞬きする。それでも沈黙を続けていたら、真理亜の表情が凄みを帯びてきた。

「なあ、白華。そんなに私たちは信用ならないか」

 輝夜の言葉に咄嗟に俯く様子は、その通りだと肯定しているようなもの。ややあって、白華がようやく絞り出した言葉は。

「人様に名乗るほどのモノでもございません。帰していただければ、良かったのに」

 輝夜は即座に反論した。

「その脚でか? そういうわけにもいかないだろう」

 未だに長距離歩くことができず、車椅子から離れられない状態の少女を放り出すなど、鬼のような所業はまっぴらごめんである。

「それより、白華の名前だ。本当に、何も名乗れないのか」

 前回と異なり、長期戦も全く辞さない構えの輝夜。騒ぎを起こした負い目もあり、白華はほんの少しだけ、既に表に出ている情報を渡す決断を下した。

「既に白華の名をいただいておりますので、普段は白華のまま、呼んでいただいたら良いのですが」

 この期に及んでそう来るかと口を挟みかけた真理亜を、輝夜の手が制する。白華はそっと息を吸い、言葉を続けた。

「ネット上では、アンジェという名で活動していることが、あります」