絡繰異聞・前日譚

堕天使02『不穏な空気』


 今日はキラキラ、あまりお金にならなかった。このお金だと、シオンのお薬、三回分にしかならないや。
 シオン、ゼーゼーしてるから、もっとお薬がほしいのにな。
「飛行場周囲のスラム、スクラップ場に棲むアルビノの双子、璃音とは君のことかね?」
 変な格好のオジサンが、キラキラをお金にしてくれるところの出口にいた。リオンに何か言っているようにも聞こえるけど、何を言っているのか、わからないや。
 そんなことより、シオンのお薬、買いに行かないと。
「璃音君?」
 いきなりリオンの布を強く引っ張られて、痛いし、こけるし、もっと痛いし、涙出そう。でも声を出したら蹴られてもっと痛いから、じっとする。
「詩音ちゃんの薬が欲しくないのかな?」
 リオンの布を取り上げながら、オジサンはまた、何か言った。今度はちゃんと、わかる言葉だった。
「シオンの薬?」
「そう、詩音ちゃんの薬に必要なお金、欲しいんだろう?」
 それは、ほしい。シオン。
「そのためには、璃音君の力が必要なのさ」
「リオンの、力?」
 ゾクゾクするくらい、あやしい。カケルにぃは、あやしいことや変なことがあったら言ってねって言ってたけど。
「ちょっとした実験に付き合ってくれれば、それでいい。なに、悪い話じゃない。実験で、その体質も改善されるだろうしな」
 ジッケンという言葉はわからないけれど、このオジサンの顔つきがイヤらしくて、ろくでもないことなんだろうなと思った。でも。
「リオンがジッケンにつきあったら、シオンは助かる?」
「詩音ちゃんの薬代は、出してあげよう。さあ、来るか来ないか、今ここで決めてもらおうか」
 オジサンはお金をいっぱい袋に詰めて、リオンに見せてくれた。
 どうしよう、カケルにぃ。どうしよう、シオン。
 リオンは、どうしたらいい?