絡繰異聞・前日譚

創造主01『追憶の始まり』


 この研究を始めた頃は、まさかこんな事態になろうとは予測もしていなかったなぁ、と、爆発音と共に時折揺れる研究所の中で思う。
 身体はもう殆ど動かないし、思考も霧がかかったようにぼんやりとしてきて、だから研究所の崩壊する中でも、こんなに暢気に考え事ができるのだろう。
「もし、この子がちゃんと完成したら、どんな名前にする?」
 不意に、声が聞こえた。ああ、そうだ。僕は、最期の瞬間まで、最期の作品を作ろうとしていた。そして、その生贄に、僕自身を据えた。
 ふふ。僕が僕自身に付ける、コードネームかぁ。
 思わず口角が持ち上がるのを自覚した。翳む視界の中、瑠璃色の髪の愛し子、僕の最愛の堕天使である璃音が、へにょりと眉を下げたのが見える。きっと僕は今、最高にニンマリとしているのだろう。
「そう、ぞう……しゅ」
 たった三文字の単語を口にするのも、怠い。
「『創造主』?」
 復唱した璃音、コードネーム堕天使は、クスッと笑った。
「随分と自惚れた名前だな。天音にぃにピッタリだ」
 今までの作品たちにとって、作り主たる僕はどんな存在なのだろう。ずっと気になっていた。けれど、ずっと、聞くこともなかった。
 というか、聞けなかったんだよなぁ。片っ端から、逃げ出してしまったり、壊れてしまったり、うまくいったと思ったら、組織に徴収されてしまったりして。唯一の例外が、今も隣にいる璃音だ。璃音は、色んな意味で、コードネーム通りの堕天使だった。
 そう、堕天使なんだよなぁ。天から堕ちてきて、人間を堕とす、堕天使。
 目を閉じれば、この怒濤の一ヶ月間が、瞼の裏に甦ってくるようだ。