絡繰異聞・前日譚

創造主04『転換点』


 曰く、素直じゃないのも大概にしろだとか。曰く、肝心なときに大人ぶるとか最低だとか。
 結構グサグサと僕の心を滅多刺しにしてきた璃音はようやく落ち着きを見せ始めた、と思いきや。
「天音にぃがいなくなったら、誰が自分の面倒を見てくれるんだ? これ以上、天音にぃ以外の他人なんかに身体をいじくり回されたくなんかない」
 傷口に、特大の、爆弾を放り込んできた。
 いやいやいやいや、きっとメンテナンスのことだと思う。というか、そうでなくては困る。
 いやぁ、しかし、困った。言われて想像してみたら、確かにものすごく、嫌だ。
 僕の堕天使を、僕以外の誰かが好き勝手するなんて、許せない。
「璃音は素直だもんなぁ」
 思わず、毒気を抜かれて素で笑ってしまう程度には。
「本当に、僕も璃音みたいだったら……」
 璃音みたいだったら?
 ……璃音みたいに、人間ではなかったら?
「そっか。その手が……」
 だって、今更自分の人間としての命に未練はなかったのだし。無理に生き延びなくても良い、の範囲が、少しズレるだけだし。
 となると、その手段を検討するに当たっての、問題点は。
「ああ……時間がないか。人手も、見込めないしな」
 うーん、なかなかに名案だと思ったんだけどなぁ?
「天音にぃ? 何か思いついたのか?」
「うーん、ちょっと、ね。ま、どうせ一人じゃ無理っぽい感じだから……」
「なら自分が手伝う!」
 はっと我に返った。璃音。
 何も聞かずに、無条件で手伝うって言ってくれる、僕の大切な堕天使。素直で甘くて、だからこそ。
「璃音には、辛いと思うよ」
「天音にぃがいなくなるよりマシだ」
「僕は、いなくなるよ」
 否定の意味を込めて首を横に振ったら、璃音がまた泣きそうだ。
「僕という、人間はね。最期の『作品』を作ろうか」
 大きく見開かれた堕天使の瞳から、一粒だけ涙が零れ落ちた。
 璃音は賢いから、悟っただろう。この言葉の意味を。
 僕の『作品』には、常に生贄が必要だ。だって、僕の研究内容は、人間を絡繰人形にしてしまうものなのだから。