絡繰異聞・前日譚

創造主10『蛇足』


 誰かが笑っていて、誰かが泣いていて、誰かが怒っていて、誰かが嘆いていた。
 世界は壁一枚隔てた向こう側に在り、出来の悪い映画のようなソレを、偶に壁諸共、粉々に壊したくなる衝動があった。
 ざざー、ざー。ほら、ノイズが走る。視界が歪む。音が割れる。
 昏い沼に沈んでいくみたいに、ネットリとした何かが思考にまとわりつく。ボクという存在が、溺れて摩り切れてひび割れて。
「天音にぃ」
 天から光が降るが如く、璃音の声がして、ボクの意識は現実に引き戻された。
 両手いっぱいにレアメタルを含んだガラクタを抱えてきた璃音が、不安そうにボクを見ている。
「おかえり、璃音。今日もいっぱい収穫あったんだ?」
「まあまあ、いつもの通りだ。それより天音にぃ、最近、ぼんやりしていないか?」
「うーん、そうかもね」
 原因は、おそらく、ボクを構成するプログラムの不備。やっぱり、高速モードで実行して、更に最後の段階で完了できていなかったのが、響いていると思われる。
 プログラム関係、まさか自分で自分を走らせたままメンテナンスできる自信なんてないし、そもそもボクはそっち方面については陽浦博士には及ばなかった。せいぜい、衝動に身を任せすぎないよう、ロックを掛けるのが精一杯で。
 モニターが一つ、瞬いた。どうやら外で、雨が降り出したらしい。
「ま、仕方ないよ、璃音。ちゃんと動けているだけ、儲けものさ。それより、雨が降ってきたみたいだよ」
 雨が降ったら、地下にあるこの拠点に雨水が入り込まないよう、入り口や一部の排熱孔を閉じている。いずれはその辺りも全て自動化したいけれど、それより優先順位の高い仕事が多すぎて、まだそこまで手を回せていない。
 排熱孔を閉めていたら、入り口を閉めに向かったはずの璃音がボクを呼ぶのが聞こえた。
「どうしよう、天音にぃ。入り口に、子供が棄てられてる」