絡繰異聞・前日譚

創造主05『研究動機』


 まあ、こうなることは、予想の範疇内ではあった。あったんだけど、思わずため息が出てしまった。
「これじゃあ僕、若返るしかないな。骨格なんて、璃音とどっこいどっこいのしか作れそうにないや」
 何の話かというと、材料の話である。搬出しか許されない物流の中、元助手たちによる火事場泥棒も絶えず、物資というか材料が足らない。結構、足らない。
 でも、骨格が璃音と同等の大きさにしかならないというのは、裏を返せば堂々と璃音に合わせられるということもであり。璃音の横に立つ、同い年くらいの自分を想像したら、ちょっとにまにましてきた。
 璃音とおそろい。うわぁ、嬉しい。
 何せ、僕の研究動機は『僕と遊んでくれる友だちが欲しい』だった。それが生身の相手のいないまま人形遊びになり、より自然に動く人形を作ろうとしていたのを組織に見出されての今である。
 そう、僕は誰かに相手して欲しかった。でも、現実では誰も相手してくれなくて、ふと思い立ってしまったんだ。無いものは、創ってしまえば良いじゃない。
 誰も相手をしてくれなかったからこそ、この狂気じみた研究は、誰にも止められることもなかった。
 僕に声を掛けてきた組織は僕の相手をしてくれていたわけじゃなくて、単に人間を強化した存在が欲しかっただけみたいだから、お互いにお互いを利用し合っていた関係かなと思う。一方で、組織が余計な入れ知恵をしなければ、僕は独自に人間を使わない絡繰人形を完成させていたかもしれないとも、今なら思う。
 どこで決定的に狂ってしまったのか、今更後悔しても仕方ない。それに、組織は璃音を連れてきてくれたからね。
 そんな訳で、なんとなく回想してみたりなんかしているけれど、実はにまにました直後くらいから身体は忙しく図面を引いているし、思考の大半は図面の開発に割いていたりする。
 いつか誰かが言っていた。そんなこと、普通はできない。さすがは天才マッドサイエンティスト、だと。その響きに潜む隔絶感が辛くて、余計に研究にのめり込んだりもしたのだけれど。
 璃音が近くに寄ってきた。僕の手元を覗き込んで、首を傾げている。
「……小さいな?」
「材料不足だからね。ふふ、でも、璃音とおそろいだよ」
 璃音は、僕が何かをしながらでも別の考え事ができることを、すごいと言った。そして、こう続けた。じゃあ、アマネにぃは、お仕事しながらでもリオンとお話ししてくれるんだ。
 出会ってまもなくの話だから、璃音本人は覚えていないかもしれない。でも、僕は、忘れない。だって、そう言ってくれたのは、璃音が最初だったから。