絡繰異聞・前日譚

創造主02『日常の崩壊』


「……ふうん、一ヶ月ねぇ」
 思わず、口から漏れ出ていた。そろそろ粛正される頃合いかな、とは思っていたけれど。
 僕の元々の研究動機を璃音が満たしてくれたおかげで、やっと改めて今までの我が身を振り返る余裕ができたんだけれど、まあヤバかった。皆にマッドサイエンティストと呼ばれるのも無理ないなと思った。何せ、やっていることは立派な人体実験だ。しかも、人間を絡繰人形にするソレを、嬉々として実行していた。
 形になったのは、全部で十二人。璃音の前に十人、璃音の後にも、組織からの指示で一人。しかも、形になりだしてからのカウントと言うことは、失敗作も当然あるわけで。幸いにも僕の主な担当は素体と呼ばれる義躯作りだったけれど、人間の精神活動を機械に移し替えていた他の担当の所業も加えたらどうなることか。うわ、自分で言ってて鳥肌立ってきた。
「一ヶ月で引き払って投降するなら、命だけは保障するってさ。『考える猶予を一ヶ月やる』……はん! あいつら何様のつもりだっていうの」
 周囲がざわついている。多くが真っ青な顔をしている。そりゃそうだ。彼等は無理矢理集められてきた、或いは金に目がくらんだ雇われ助手が大半だ。まさか、一緒に粛正されてくれるはずもあるまい。
 一緒に粛正させる、義理もない。今の僕には、璃音がいるから。
「ほら、聞いたでしょ!? 出て行くなら今のうちだよ、とっとと行った行った!」
 シッシッと追い出すように手を振って見せたら、更にざわめきが広がった。え、まさか僕の言葉が意外だったとか言わないよね。かつてのことを考えたら、意外に思われても仕方がないのかなぁ、反省。もう、遅い気もするけど。
 蒼い顔に少しだけ色を取り戻して、我先にと飛び出していくかつての助手たち。きっと、今この場にいなかった、他の助手たちも連れて逃げ出してくれることだろう。
 急にガランと人気が減ったせいか、研究所がなんだか広々として見えた。広々と、というよりは、寒々と、か。
「……ま、こんなもんだよね」
 ぼやいていたら、背後から小さな足音が響いた。