絡繰異聞・前日譚

創造主07『ブラックボックス』


 そんなこんなを経て、なんとか素体が完成しそうです、わーぱちぱち。
 璃音と並べることを考えながら作ったせいか、本来似せるはずだった、僕が若かったときの写真の僕よりも可愛くなっちゃったけどね!
 璃音がカワイイのが悪い。てか、僕が若い頃から生意気だったのも悪い。あんな悪ガキの姿は、ちょっと再現したくなかった。
 元々の僕の目はちょっと緑っぽい茶色なんだけど、素体の目は瑠璃色にした。璃音の髪の色と、おそろいの色だ。髪の色も少し遊んで、元の茶色よりは少し紅くした。だって、璃音の目が赤いからね。
 おっと、興奮しすぎて、少しよろけてしまった。頭の上に機械を乗せているからバランスが悪いのか、ちょっと機械の設定を弄って高速で僕を僕たらしめている記憶や思考の癖、いわば精神、もっと言うなれば魂みたいなモノを吸い上げさせているのが原因か。
 この機械の理屈だけは、僕もあまり解っていない。絡繰人形を動かすブラックボックスとして、僕以外の研究者が作り上げた機構だ。最初は本当に文字通り、人形を動かすプログラムの収まった黒い箱の形として渡されて、人形に組み込んだ。それが、蓋を開ければ人形が動くどころか、自立的に思考するし人間らしい受け答えをするものだから、すごく喜んだのを覚えている。ぬか喜びだったけどね。その子にはものすごく怯えられて、精神的ダメージが凄かったけどね。
 これを作った研究者、確か陽浦博士だったように思うんだけれど、彼は何を思ってこんなモノを作ったんだろうなって、璃音を得てから考えるようになった。僕みたいに、きっと最初は何か、純粋な願いがあったと思うんだ。それを僕のように、組織に利用されただけのような気がしてさ。
 今はこの通り、ブラックボックスの作成に必要な機械も僕の研究所にある。陽浦博士に最後に会ったのは、いつだったっけ?
 うーん、思い出せないや。もう記憶を機械に吸われたのか、それともいつの間にか彼も組織に粛正されていたのか。そういうの否定できないのが辛いよね。本当、ろくでもない組織に属してしまったものだ。
 機械の理屈は解らないけれど、機械の構造は解るから、設計図はひっそり記憶しておこうと思う。一応、僕が僕自身の最期の作品で、まさか次を作ることがないとは信じているけれど、念のために、ね。