Twilight

かつて【木菟 伶】として書いていた詩集。

とある世界観

「自分」というもの

堕天使の玩具箱

旅人の言い分

バカの哲学

空の旅

多面性

食いしん坊の風流

ずっとずっとどこまでも

For My Dear Friend

悩んだ時に思ったこと

All Alone

空に詠う詩

気まぐれの結果

後悔

一人でいるということ

素朴な疑問

思ったこと

世界の夢

さよなら

眠りの前の祈り

悲しい別れ

大志をいだこう!

眠り

冒涜

夕暮れの旅愁

桜吹雪

風薫る季節

氷の涙

月と星の夜に

天使のような人

存在意義