短編集

少年少女は何の夢を見るか


夕焼けどき特有の茜色に染まった街を抜け出して、薄闇の煌きへ。手を取り合い、駆け上がっていく二つの光は、楽しげに笑う少年少女の形をしていた。何ともまあ、気の早いことで。逢い引きの約束でもしていたのだろうか。此処は、ひとたび眠れば魂は星の光になるべく空へと昇り、夢を天上で楽しむ世界。